シーモンキーの特徴と生態は?どんな生物?

シーモンキーの特徴は?

シーモンキーと聞いて、知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

シーモンキーは、昭和40年頃に流行った生き物です。

 

育てるのが簡単で、成長が早いという特徴があります。子供の自由研究のテーマとしても人気がありました。

 

シーモンキーは、アルテミナサリーナという鰓脚類の仲間です。見た目はエビに似ています。

 

生態としては、水の温度が20℃以上の水槽に卵を入れることで、24時間ほどで孵化して育ち始めます。

 

約1ヵ月で体長1cmほどの大きさまで成長して、交尾もすることがあります。

 

乾燥に耐える事が出来るので、長期間、休眠する事ができる耐久卵として寿命も20年と生き続けると言われている神秘的な生物です。

 

シーモンキーはとても子供にとても人気な生物でした。

 

学校などで購入できるシーモンキー育成キットには、水槽とシーモンキーのタマゴ、シーモンキーのエサと海水の素、育成のコツがわかる冊子が入っていました。

 

キットと水道水があれば育成可能であり、手頃さも当時の人気の理由と言えます。

 

あまり知られていませんが、シーモンキーですが、シーモンキーの生態としては、交尾を行うと、メスの腹部に茶色の袋ができます。

 

そして、その中に卵を抱えるのも特徴のひとつとなっていいます。

 

見た目的にも奇妙ですが楽しいシーモンキーです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。