シーモンキーの飼育に必要なものは?育て方で大切なことは?

シーモンキーは、正式にはアルテミア・サリーナと呼ばれ小さなカニやエビの仲間です。

 

飼育には、水温を28度に保つ必要があり出来ればヒーターが必要になります。逆に水温が上がり過ぎる場合には、冷却装置があった方が水温を保ちやすです。

 

冷却装置を設置した場合には、水槽を発砲スチロールなどの中に入れておけば水温を保ちやすくなります。

 

ヒーターを設置しない場合には、水槽を日の当たる窓辺に置けばある程度水温を保つ事が出来ます。

 

寒い時期には、水温が下がってしまいシーモンキーが死んでしまう恐れがあります。

 

シーモンキーを飼う時に一番大切なのは、水温の管理になります。

 

出来るだけ、水温を下げないようにする事が大切です。

 

餌は米のとぎ汁とシー藻の併用になります。

 

米のとぎ汁の量は、耳かき程度の量になります。

 

水かえは、シーモンキーが小さすぎて難しいので、餌をあげ過ぎると水質が悪くなってしまいます。

 

もし水質が悪くなったら浮かんでいるゴミなどを取り除いてあげます。

 

無理をして水かえをするのは、かえってよくありません。

 

水が減って来たら水を随時補充して行く必要もあります。

 

暑い時期には、水の減りも早くなるので補充してあげる事が大切です。

 

水は、水道水を使った補充で大丈夫です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シーモンキーの飼育、育て方どうする?ベストな水質は?水換えは?

シーモンキーを長く飼育するためのコツは?育て方の知恵とは?

シーモンキーの育て方、飼育方法は?餌(えさ)は何がいい?

シーモンキーを成長させる育て方のコツは?飼育のポイントは?