シーモンキーを成長させる育て方のコツは?飼育のポイントは?

コアなファンが多いシーモンキーですが、成長させるにはコツが必要であると言えます。

 

最初は簡単だと思いガチですが、やってみると意外と育たないという事を感じる人は多いと思います。

 

シーモンキーの育て方としては、何もしない事が大事になります。

 

水換えもしなければ餌もあげない事で、蒸発で減った水を足すだけで良いと言えます。

 

シーモンキーは、塩水中に発生するバクテリアや藻類などの目には見えない生物を食べて成長しますが、より成功率の高い安定した飼育を継続させるにはコツがあります。

 

一つのポイントは、なるべく多くの水量で飼育する事で、水槽内の環境変化が緩やかになります。

 

シーモンキーへのダメージを少なくしてくれるので、1リットルから2リットル程度の水量が扱いやすいと言えます。

 

ポイントは、海水より少し薄い塩水で飼育する事ですが、塩分の耐性は高いので、厳密にする必要はありませんが、淡水はだめです。

 

シーモンキーの飼育の他のコツとしては、日光のあたる明るい場所に置いて、ふたは解放する事が肝要です。

 

植物プランクトンを発生させるためであり、暗いところではプランクトンが育ちにくくなる特徴があります。

 

アルテミアの温度耐性の幅は広いので、水温上昇では死ぬことはないです。塩分は水の蒸発で徐々に濃くなるので、カルキ抜きをした淡水を入れてあげると良いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シーモンキーの飼育、育て方どうする?ベストな水質は?水換えは?

シーモンキーを長く飼育するためのコツは?育て方の知恵とは?

シーモンキーの飼育に必要なものは?育て方で大切なことは?

シーモンキーの育て方、飼育方法は?餌(えさ)は何がいい?